パパ活

パトロンの作り方を学び2人のパパを見つける 「ユメちゃんに似合うかなと思ってこれ買ってきちゃった。」「可愛いピアス。ありがとうパパ。パパに会う時は必ずつけるね。」「喜んでもらえて嬉しいよ。」パパ活をしてすぐに今のパパと契約を結びました。Hとかはあまり要求されずただ、買い物や食事を一緒に行くのがメインで私はパパのことが大好き出した。 家に帰ると最近母親から色々と聞いてきます。「今日は彼氏とデートかしら。可愛いピアスを付けているね。「どうでもいいでしょう。」最近親がやたら私の事を詮索するので少しうるさく感じてきました。そして、私が風呂から上がると母親が私の携帯を持って怒った顔で言いました。「あんたパパ活をしているの。それともキャバクラで働いているの。」「勝手に人の携帯見ないでよ。」「最近あんたの服の変化におかしいなと思ったのよ。バカな事をしているなら今すぐやめなさい。」私は怒りを感じ自分の部屋に上がり荷物をまとめてそのまま出て行きました。とりあえず漫喫で身を潜めることにしました。 次の日、私はパパにパパ活をしていた事が親に知られた事を報告しました。するとすぐに電話が鳴りました。「今どこにいるの。こっちにこい。」「分った。」私はパパが指定してきた喫茶店に向かいました。喫茶店には既にパパがいました。「大丈夫か。」「親とはもともと仲が悪かったから平気。それに私にはパパがいるもん。」「そうか。」私はパパの力を借りてマンションにしばらく住むことにしました。「パパありがとう。」 パパ活アプリ お金くれる人
題名返信数名前最終投稿日時
<<<1>>>
本日:[ ]  昨日:[ ]  累計:[ 17 ]